いま、癒されたい ―心の楽園― 癒しの写真と詩のハーモニーワールド

kunikuni31.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 03日

東北で出会った最高の笑顔

秋田、岩手の旅から帰宅しました。

帰路途中で、東京に着いてから、自由が丘で開催されているポスカ展会場にも足を運ぶとタイミング良くたくさんの仲間が同じ時間に集ってきてお話できました。

さてさて、

初めての東北、サクラの写真も牛や羊の写真もけっこう撮れて、ゆくゆく写真はアップしていこうと思います。

最後、岩手の山奥の温泉地から盛岡駅に向かうバスの中でステキな笑顔に出会ったので、紹介したいと思います。

それは、このバスを運転している運転手さんの笑顔。


『運転手さんの写真一枚撮っていいですか?』

って聞くと

『え? ぼく~!?』

と言って照れ笑いを浮かべてた


c0112724_937040.jpg




見た感じ60歳くらいのこのおじいちゃん運転手さんは、ニコニコ微笑みながら田舎道を気持ち良さそうに運転してた


道沿いのバス停そばに二人のおばあちゃんが座りこんでおしゃべりしてるのを見て、スピードを落として運転席から二人の顔を覗き込んで、バスに乗らない人たちだとわかったら、

「ガハハハ」

って笑って嬉しそうだった


乗客が一人乗ると笑顔で会釈する


きっとこの運転手さんは、この毎日の日常が楽しいんだろうな、って


ただ同じ道を行ったり来たりする中で乗客と会話する場面もあって、楽しそうに仕事してた



c0112724_9372418.jpg



何か出世したいとか、欲があるわけでもなくって、心底この地でバスの運転手の仕事を楽しんでいる様子を見てて、

「なんだかいいなあ」、と思ってしまった


このおじいちゃん運転手さんの姿にとても大切なものを教えてもらった


この人に出会えたコトが今回の旅の一番の収穫だったとつくづく感じる

日々仕事をする中で、小さなコトにこだわったり不満を感じたり、が馬鹿馬鹿しくなった


「好きなコトができてるだけで十分じゃないか 今を楽しむってそういうコトなんだな」


って、この運転手さんの自然な笑顔を見てて思わされた



何も特別なコトはいらない

食べるに足るお金があって、行くべき仕事があって、帰る家があればそれで十分


そう思わせてくれた


運転手さん、ありがとう。


いつまでも元気で乗客の旅のお供の笑顔を見せてあげていてください。
[PR]

by kunikuni2007 | 2009-05-03 09:39 |


<< カフェでの展示のスタンス      【展示会】 お詫びとご連絡 >>